タイトル(EP)

Article

August 19, 2022

タイトルは、アメリカのシンガーソングライター、メーガン・トレイナーによる初の拡張プレイ (EP) です。ケビン・カディッシュがすべての曲をプロデュースし、トレーナーと一緒に書きました。トレーナーが 2014 年にエピック レコードと契約した直後に、2 人は EP を考案しました。レーベルは 2014 年 9 月 9 日にそれをリリースし、翌月、トレーナーの 2015 年の同名のデビュー メジャー レーベル スタジオ アルバムの予約注文に置き換えました。 音楽的には、タイトルは 1950 年代のドゥー ワップにインスパイアされた、現代の R&B とメロディック ポップの中間に位置する曲で構成されています。 EPには、トレーナーが女性に力を与えることを望んでいた、コミットメントと自分自身に忠実であり続けるという叙情的なテーマがあります。 2014 年 6 月 30 日にリリースされ、58 か国で 1 位になり、全世界で 1,100 万枚の売り上げを記録した、Trainor のデビュー シングル「All About That Bass」が含まれています。 タイトルは、そのトラックが商業的に成功する可能性があると考えていた批評家からさまざまなレビューを集めましたが、歌詞が反復的すぎると考え、トレーナーの音楽性に疑問を投げかけました。 EP は Billboard 200 の 15 位でデビューし、米国で 171,000 部を売り上げました。また、カナダとデンマークでもチャートに入りました。トレーナーは、さまざまなテレビ番組で「All About That Bass」を演奏することでタイトルを宣伝し、他の会場ではそのタイトルトラックを宣伝しました.彼女は 2015 年のコンサート ツアー That Bass Tour と MTrain Tour のセット リストに EP のすべてのトラックを含めました。

背景と開発

メーガン・トレイナーは幼い頃から音楽に興味を持ち、6 歳で歌い始めました。父親が彼女に音楽への興味を追求するように勧めた後、彼女は 15 歳から 17 歳までの間に書いた曲、録音した曲、演奏した曲、プロデュースした曲から 3 枚のアルバムを独立してリリースしました。 Sing with You and Only 17. 彼女は、ナッシュビルで開催された音楽会議で、元 NRBQ メンバーのアル アンダーソンに自己紹介しました。トレーナーの作詞作曲に感銘を受けた彼は、音楽出版社のビッグ イエロー ドッグ ミュージックの出版社であるカーラ ウォレスに彼女を紹介しました。トレイナーはバークリー音楽大学に全額奨学金を提供されていたが、ソングライターとしてのキャリアを追求することを決意し、2012 年にビッグ イエロー ドッグと契約した。彼はトレーナーの声が好きで、1950 年代と 1960 年代のポップ ミュージックを相互に愛していたため、彼女と強い作詞作曲の親和性を感じました。トップ 40 ラジオを賑わせていたエレクトロニック ダンス ミュージックに幻滅した彼は、「ドゥーワップにインスパイアされたポップの 50 年代サウンドのレコード」を 3 年間作成したいと考えていましたが、興味を共有するアーティストを見つけることができませんでした。幼い頃に父親からドゥーワップを紹介されたトレーナーは、それが「最もキャッチーなもの」であることに気づき、チョーデッツの1958年のシングル「ロリポップ」を彷彿とさせるものを作りたいと考えました。カディッシュは、2人がジミー・ソウルの1963年の曲「If You Wanna Be Happy」で絆を深めた後、トレーナーと彼のアイデアを共有し、「ただの楽しみのために」同じサウンドで拡張プレイ(EP)を作成することにしました。カディッシュが残りの年のロックアルバムの制作を開始する前に、彼らは3曲を完成させました。トレーナーは 2013 年 11 月にナッシュビルに引っ越し、彼らは「All About That Bass」という曲を共同で書き、さまざまなレコード レーベルに売り込みました。 time.L.A. Epic Records の会長である Reid はこの曲を聞き、Trainor に自分で録音するよう勧めました。彼女は2014年にレーベルと契約し、エピックがアルバム全体を録音することを望んでいたため、すぐにカディッシュとより多くの曲に取り組み始めました.レーベルは、トレーナーがファレル・ウィリアムスやティンバランドなどの他のプロデューサーと協力することを簡単に提案しましたが、彼女はカディッシュを続けることを主張しました:「ケビンは私の男です」. Epic Records のアーティストとレパートリー部門は Kadish に電話をかけ、「『Bass』で何をしたとしても、あと 10 回やりなさい。これ以上ライターを連れてくるな。他のプロデューサーを連れてくるな。その曲で誰を使ったとしても」と言った。 ." 6月30日にTrainorのデビューシングルとしてリリースされたとき