刈り取り機(ヴァンゴッホシリーズ)

Article

June 25, 2022

刈り取り機(フランス語:faucheur、lit.'reaper')、刈り取り機のある麦畑、または刈り取り機と太陽のある麦畑は、刈り取りをする男のヴィンセント・ヴァン・ゴッホによる一連の3枚の油彩画のそれぞれに付けられたタイトルです。明るい早朝の太陽の下で麦畑。芸術家にとって、刈り取り機は死を表しており、「人類は刈り取られる小麦になるだろう」と語った。しかし、ゴッホはその仕事を悲しいとは考えていませんでしたが、「ほとんど笑顔で」、「すべてを上質な金の光で満たす太陽と白昼の中で行われる」のです。 最初の絵(F617)は、1889年6月に作成され、芸術家が精神的衰弱に苦しみ、回復するのに数週間かかった後、9月上旬に作品の作業が続けられました。その後、ゴッホは1889年9月上旬と下旬にさらに2つの様式化されたバージョン(F618とF619)を作成しました。同様のサイズのバージョンは、彼のスタジオで完成した「最終的な絵画」でした。ゴッホはオリジナルを好むようになり、母親または姉妹の1人の記念品として3番目の小さいバージョンを意図していました。 背景 1889年5月、オランダの画家であるフィンセントファンゴッホ(1853〜1890)は、フランスのサンレミドプロヴァンスに移り、以前は修道院だった精神科の亡命者であるサンポールドモーソルに身を投じました。 。これは、ゴッホにインスピレーションを引き出すためのまったく異なる風景を提示しました。サンレミは、彼の以前の住居であるアルルからわずか25 km(16マイル)のところにありましたが、アルルの広大な平原とは対照的に、アルピーユ山脈の低い山塊の下にあります。ヴァンゴッホの寝室の窓は、アーティストの作品の焦点。麦畑は、壁と背景の丘に囲まれた彼の窓の下にありました。アーティストは、少なくとも14枚の絵画と、同じくらい多くのシーンのスケッチを作成しました。 構成 最初の絵(F617) ヴァンゴッホは1889年6月下旬にリーパー(F617)の絵を描き始めました。彼は、1889年6月25日に弟のテオヴァンゴッホに宛てた手紙の中で、この絵について次のように述べています。彼は]やった」。彼はそれが彼が現在取り組んでいる12の絵画の中にあったと書いています。この絵は1889年7月2日の手紙で再び言及されています。 始まった最新のものは、小さな刈り取り機と大きな太陽がある麦畑です。壁と紫がかった丘の背景を除いて、キャンバスはすべて黄色です。 73cm×92cm(29インチ×36インチ)の絵では、刈り取り機は、渦巻く黄色い小麦の青のほんの数回のブラシストロークで描かれており、図の輪郭は緑のままです。彼の鎌は一筆書きでほとんど見えません。7月2日の手紙で、ゴッホはこの絵のスケッチ(F1546)を含め、当時取り組んでいた絵のスケッチを約10枚含めました。絵はそれまでにほとんど完成したようです。しかし、ゴッホは1889年9月4〜5日に書かれた弟への手紙でそれをより詳細に説明している間、作品にさらに変更を加えていました。 私は不健康の数日前に始まったキャンバスに苦労しています。刈り取り人、研究はすべて黄色で、ひどく厚く捏造されていますが、主題は美しくシンプルでした。それから私はこの刈り取り機で見ました-その日の全熱で悪魔のように苦労して彼の苦労の終わりに達するために奮闘している漠然とした姿-そして私はその中で死のイメージを見ました、この意味で人類は刈り取られる小麦であるという意味で。だから、あなたが好きなら、それは私が以前に試したその種まきの反対です。しかし、この死では、悲しいことは何もありません。それは、すべてを上質な金の光で満たす太陽と、白昼の中で起こります。よし、ここでまたやってきたけど、手放さずに、新しいキャンバスでもう一度やってみよう。 上に引用した手紙を書く前に、芸術家は深刻な神経衰弱に苦しんでいました。 7月に