核兵器

Article

August 17, 2022

核兵器 (原子爆弾、原子爆弾、核爆弾または核弾頭、口語的には A-bomb または nuke とも呼ばれる) は、核分裂 (核分裂爆弾) または核分裂と核融合反応 (熱核爆弾) の組み合わせで、核爆発を引き起こします。どちらのタイプの爆弾も、比較的少量の物質から大量のエネルギーを放出します。 核分裂 (「原子」) 爆弾の最初のテストでは、およそ 20,000 トンの TNT (84 TJ) に相当する量のエネルギーが放出されました。最初の熱核 (「水素」) 爆弾テストでは、およそ 1,000 万トンの TNT (42 PJ) に相当するエネルギーが放出されました。核爆弾は、10 トンの TNT (W54) から 50 メガトンの Tsar Bomba (TNT 相当量を参照) までの範囲の威力を持っています。わずか 600 ポンド (270 kg) の重さの熱核兵器は、TNT 換算で 1.2 メガトン (5.0 PJ) 以上のエネルギーを放出することができます。通常の爆弾よりも大きくない核兵器は、爆風、火災、放射線によって都市全体を荒廃させる可能性があります。 .核兵器は大量破壊兵器であるため、核兵器の拡散は国際関係政策の焦点となっています。核兵器は、第二次世界大戦中の 1945 年に広島と長崎の日本の都市に対して米国によって 2 回戦争で配備されました。

テストと展開

核兵器が戦争で使用されたのは 2 回だけで、いずれも第二次世界大戦末期に米国が日本に対して使用したものです。 1945 年 8 月 6 日、米陸軍航空隊は日本の広島市で「リトルボーイ」と呼ばれるウラン砲型核分裂爆弾を爆発させました。 3 日後の 8 月 9 日、アメリカ陸軍航空隊は長崎市上空で「ファットマン」と呼ばれるプルトニウム爆縮型核分裂爆弾を爆発させました。これらの爆撃により負傷し、約 20 万人の民間人と軍人が死亡しました。これらの爆撃の倫理と日本の降伏におけるそれらの役割は議論の対象です. 広島と長崎への原爆投下以来、核兵器は実験と実証のために 2,000 回以上爆発されました。そのような兵器を所有している、またはそれを求めていると疑われている国はごくわずかです。核兵器を爆発させ、その保有を認めていることが知られている唯一の国は、(最初の実験日までに時系列で) 米国、ソビエト連邦 (ロシアによって核保有国として成功)、英国、フランス、中国、インドです。 、パキスタン、北朝鮮。イスラエルは核兵器を保有していると考えられているが、意図的にあいまいな政策をとっているため、保有を認めていない。ドイツ、イタリア、トルコ、ベルギー、オランダは核兵器共有国です。南アフリカは、独自に核兵器を開発し、その後核兵器を放棄し廃棄した唯一の国です。武器の近代化は今日まで続いています。

種類

核兵器には 2 つの基本的なタイプがあります。エネルギーの大部分を核分裂反応のみから得るものと、核分裂反応を使用して大量の総エネルギー出力を生成する核融合反応を開始するものです。

核分裂兵器

現存するすべての核兵器は、爆発エネルギーの一部を核分裂反応から得ています。核分裂反応だけで爆発的に放出される兵器は、一般に原子爆弾または原子爆弾 (A-bomb と略される) と呼ばれます。これは、核融合兵器の場合と同様に、エネルギーが原子核から発生するため、誤称のようなものとして長い間指摘されてきました。 核分裂兵器では、大量の核分裂性物質 (濃縮ウランまたはプルトニウム) が超臨界状態に追い込まれ、核連鎖反応の指数関数的な成長が可能になります。未臨界物質の一部を別の物質に撃ち込む (「銃」法) か、サブクリティカルの圧縮