ケビン・カンディッシュ

Article

August 10, 2022

ケビン カディッシュ (1971 年生まれ) は、アメリカのソングライター兼レコード プロデューサーです。彼は、Billboard Hot 100 で 8 週間にわたって 1 位を獲得し、2014 年のオーストラリアで 2 番目に売れた曲となった、Meghan Trainor による 2014 年のマルチ プラチナ シングル「All About That Bass」の共作、プロデュース、ミキシングを担当しました。ドイツとイギリスで8番目に売れた曲。この曲は、第 57 回グラミー賞で、レコード オブ ザ イヤーとソング オブ ザ イヤーの 2 部門にノミネートされました。

生い立ち

ボルチモアで生まれ育ったカディッシュは、13 歳でギターを弾き始めました。オーウィングス ミルズ高校を卒業後、バークリー音楽大学に通い、映画音楽を学びました。 1991 年、カディッシュはバークリーからメリーランド大学カレッジ パークに転校し、個人研究部門を通じて自分の専攻である音楽管理を設計しました。彼は 1993 年に学士号を取得して卒業しました。音楽管理で。彼はユダヤ人です。 キャリア 1990 年代半ばを通して、Kadish はソロのアコースティック アーティストとして東海岸をツアーし、Hall & Oates、Vertical Horizo​​n、Dave Matthews Band、Jeff Beck、SR-71、Marcy Playground、Everything などの前座を務めました。 1998年、カディッシュはリパブリック・レコードとソロ・レコーディング・アーティストとして開発契約を結んだ。彼はニューヨークのシェルター アイランド サウンドでプロデューサーのスティーブ アダボとレコーディングを行ったが、アルバムはリリースされなかった。 Serletic の傘下にいる間、Kadish は Willie Nelson のアルバム The Great Divide で「Be There For You」と「Don't Fade Away」を共作しました。彼はまた、テレビ番組「The Simple Life」と「That's So Raven」に出演したクリスチャン ポップ シンガーのステイシー オリコのために「(There's Gotta Be) More to Life」と「Stuck」の曲を共作しました。 アニメ映画ロボ。これらの 2 つのヒット曲は、累計で約 1,100 万部を売り上げたいくつかのコンピレーションに収録されています。 2005年、カディッシュはステイシー・オリコの「(ゼアズ・ガッタ・ビー)モア・トゥ・ライフ」がキリスト教ラジオで最も再生された曲の1つであるとして、ASCAPクリスチャン・ミュージック・アワードを受賞した。 また 2005 年、カディッシュはシンガーソングライターのジェイソン・ムラーズと 2 年生のアルバム Mr. A-Z でコラボレーションし、両方のシングル (「ワードプレイ」と「ギーク・イン・ザ・ピンク」) をプロデュースして書きました。 2005 年の第 48 回グラミー賞のエンジニア アルバム。 2006 年、Kadish は Stabilo による No.1 の "Flawed Design" で SOCAN 賞を受賞しました。 2007 年には、この曲は 2006 年にカナダのラジオで最も多く再生された SOCAN 賞も受賞しました。 2007 年から 2011 年にかけて、カディッシュはグロリアーナ、マイリー・サイラス、ミート・ローフ、ヴィクトリア・ジャスティスのレコードに取り組み、曲を書きました。 2012年、ケビンはロス・リンチと「クレイジー・フォー・ユー」、アメリカン・アイドルの勝者クリス・アレンと「ルーフトップ」を共作しプロデュースした。 2013 年 9 月、カディッシュはメーガン トレイナーと共著で「オール アバウト ザット ベース」を書きました。この曲は 2014 年の 3 番目に売れた曲となり、17 億回以上再生され、これまでで 14 番目に多く視聴された YouTube ビデオでもありました。しかし、2015 年 9 月、カディッシュは、この曲が 1 億 7800 万人にストリーミングされた結果、わずか 5,679 ドルしか稼げなかったと主張し、米国下院司法委員会が手配した会議で次のように語っています。 「2015 年、Kadish は Garth Brooks、Daniel Powter、Miranda Lambert、O.A.R.、A Great Big World、ジェニファー・ロペス、フィフス・ハーモニー、スティーブン・タイラー(エアロスミス)など。2016年、カディッシュはプロデューサー兼ソングライターのネイサン・チャップマン(テイラー・スウィフト、キース・アーバン、レディ・アンテベラムなど)と提携し、アーティスト育成会社Starts With Musicを設立。 2018年、同社はブリン・エリオットと最初に契約し、アトランティック・レコードと契約し、彼女の最初のシングル「マイト・ノット・ライク・ミー」はラジオで大成功を収めました。同社はまた、現在ツアー中のカントリー アーティスト、ジェイク ローズと契約しました。