2022 年 7 月~8 月 米国の洪水

Article

August 18, 2022

2022 年 7 月 24 日から 1 週間にわたって、米国のいくつかの地域で多数の鉄砲水が発生しました。これらの地域には、ミズーリ州とイリノイ州の一部、特にグレーター セントルイス、ケンタッキー州東部、バージニア州南西部、ウェスト バージニア州の一部、およびラスベガス バレーが含まれていました。 7 月 24 日にミズーリ州で数回の激しい雷雨が始まり、7 月 25 日と 26 日に最高潮に達し、セントルイスは 1915 年の 24 時間降水量の記録を更新しました。マイク パーソン知事は 7 月 26 日に非常事態を宣言しました。100 人以上が洪水から救出され、2 人が死亡しました。 7 月 27 日の後半から 7 月 28 日にかけて、歴史的な洪水がアパラチア中部、特に非常事態宣言が発令されたケンタッキー州で始まりました。ケンタッキー州では合計 38 人が死亡し、数日後、清掃作業中に 39 人目の死亡者が出ました。7 月 28 日の後半、ラスベガスでは、都市の一部で 1 インチ以上の降雨が見られた後、前例のない鉄砲水が発生しました。ラスベガス ストリップの多くが浸水し、道路、カジノ、駐車場が影響を受け、フライトが遅延またはキャンセルされました。 7 月 30 日から 8 月 1 日にかけて、アリゾナ州フェニックスとフラッグスタッフを含むカリフォルニア州デスバレー国立公園を含むアリゾナ州と、ケンタッキー州東部の同じ地域で、さらに洪水が続きました。 7月28日にケンタッキー州で39名、7月26日にミズーリ州で2名の計41名が死亡した。

気象概要

7 月 26 日の朝、天気予報センター (WPC) は、ミズーリ州東部とイリノイ州およびインディアナ州南部の一部で過度の降雨が予想される中程度のリスクの見通しを発表しました。 7月26日の終わりまでに、ミズーリ州セントピーターズでは合計12.8インチ (330 mm) の降雨量を記録し、セントチャールズ郡の他の地域では11インチ (280 mm) を超えた。グレーター セントルイスの他の地域では合計で 10 インチ (250 mm) もの雨が降りました。さらに、ミズーリ州中部のメキシコの町では 6 インチ (150 mm) 以上の雨が降り、イリノイ州南部でも同様の降雨量が報告されています。ケンタッキー州のジョンソン郡、マゴフィン郡、フロイド郡、ウェスト バージニア州のミンゴ郡、マクダウェル郡など、ケンタッキー州とウェスト バージニア州の一部も 7 月 26 日に洪水の影響を受けました。 、一日を通して定期的に激しい雨を降らせます。ケンタッキー州ジャクソンは記録上 2 番目に雨が多い日 (1981 年以来) で、4.11 インチ (104 mm) の雨が降りました。夕方から夜にかけて、大雨と雷雨のより大きな帯が停滞した前線の境界に沿って西から東に移動し、その後、ペリー、ノット、ブレシット、レッチャー、レスリー、クレイ、オーズリー、ウルフ、ハーラン、ジョンソン、マゴフィン、フロイド、パイク。洪水はバージニア州南西部のワイズ郡とディッケンソン郡、およびケンタッキー州境にある独立都市ノートンでも報告された。 7 月 28 日の朝、WPC は、ケンタッキー州中部と東部、およびウェスト バージニア州の一部で過剰な降雨が予想される中程度のリスクの見通しを発表しました。降雨量は翌日、ウェスト バージニア州とケンタッキー州中部に向かって移動し始め、7 月 29 日にはウェスト バージニア州のほぼ全域を覆い始めました。ケンタッキー州東部とウェストバージニア州のほぼ全域。 7 月 31 日の朝、WPC はケンタッキー州東部の一部で過度の降雨に対する 3 回目の中程度のリスクの見通しを発表し、その夜には 4 日前と同じ地域でさらに多くの洪水が発生しました。 7 月 30 日と 31 日には、アリゾナ州のフェニックスとフラッグスタッフ、およびアリゾナ州の農村地域とカリフォルニア州南東部が大雨による洪水に見舞われました。