ジョン・モトソン

Article

May 24, 2022

ジョン・ウォーカー・モトソン、OBE(1945年7月10日生まれ)、別名モティは、英国のサッカーコメンテーターです。彼は1971年にBBCのテレビコメンテーターとして始まり、テレビとラジオで2000以上のゲームについてコメントしてきました。 1970年代後半から2008年まで、モットソンはBBCで支配的なサッカー解説者でしたが、1990年代には、友人でありライバルのバリーデイビスが2つのFAカップ決勝の解説、1994ワールドカップ決勝とUEFAユーロ1996準決勝、イングランドとドイツ。 2008年、モットソンはテレビの生放送の解説からの引退を発表しました。彼は引き続きMatchofthe Dayのハイライトのゲームをカバーし、BBC Radio 5 Liveに出演したほか、CBeebiesのFootyPupsについてコメントしました。 2017年9月、彼はBBCの解説から完全に引退したことを発表し、10回のFIFAワールドカップ、10回のUEFAヨーロッパ選手権、29回のFAカップ決勝にコメントしました。 2018年7月、彼は引退からTalksportで働くために戻ってくると発表しました。 初期 メソジスト牧師の息子であるモットソンは、ランカシャー州サルフォードで生まれ、ベリーセントエドマンズ近くのカルフォード学校で教育を受けました。カルフォードは当時サッカーが一般的に嫌われていた公立学校であり、ラグビーユニオン、ホッケー、クリケットが主要なスポーツです。1963年、モットソンのキャリアはバーネットの記者として新聞業界で始まりました。 1967年と1968年に、彼は最初にサッカーをカバーしたシェフィールドモーニングテレグラフで働きました。 放送のキャリア モットソンの放送キャリアは、BBCが1968年にラジオ2のスポーツプレゼンターとして彼を雇ったときに始まりました。彼の最初のラジオ解説は、1969年12月のエバートンとダービーの試合に関するものでした。 1971年から72年のシーズンに定期的なコメンテーターになり、彼の最初の試合はリバプール対チェルシーの間で0-0の引き分けでした。 1972年2月5日、モットソンはヘレフォードユナイテッドとニューカッスルユナイテッドの間のFAカップのリプレイをカバーしました。これは、BBCが2つのメインゲームに続く5分間のセグメントとして予想したものです。ノンリーグのヘレフォードが2対1で勝利し、プログラムの主な注目ゲームになりました。 モットソンは、ヘレフォード・ユナイテッド対ニューカッスル・ユナイテッドの試合を彼の大きなブレークスルーと見なしています。悪い冬の間、ゲーム自体は何度も延期されていた第3ラウンドのFAカップのリプレイであり、最終的には第4ラウンドのFAカップの日にプレイされるように再スケジュールされました。混乱の可能性があるため、BBCのボスは、BBCのMatch oftheDayプログラムの請求額のトップにゲームをぶつける必要があると判断しました。モットソンは、FAカップ史上最大の巨人殺害と言われ、このFAカップの番狂わせであり、BBCのボスが、より多くのTV試合で信頼できると判断したのは今シーズンの話でした。その結果、モットソンはこのゲームのために彼が後に3年の契約を与えられたと信じていました。モットソンはまた、ロニー・ラドフォードが彼の有名なゴールを達成していなかったら、彼はテレビの解説のキャリアを持っていなかっただろうと信じていました。ラドフォードの目標に関するモットソンの解説: なんてゴールだ!ラドフォードスコアラー。ロニー・ラドフォード!そして群衆はピッチにいます。ロニー・ラドフォードによるなんてすごいショット。 コメンテーターとしてのモトソンの最初のFAカップ決勝戦は、1977年のマンチェスターユナイテッドとリバプールの試合でした。モットソンは、BBCとの契約上の論争にあったデビッドコールマンの後任として起草されました。そのゲームからのモトソンの有名なセリフは、スコットランドの作家ジョン・バカンによる小説「三十九階段」を参照して、「ブカンと呼ばれる男が最初に39段を登るのにどれほど適しているか」でした。マーティン・バカンはマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンであり、ウェンブリーのロイヤルボックスまで39段の階段を上って、FAカップを獲得しました。 1979年から2008年(1995年と1996年を除く)の間に、モットソンはBBCがカバーしたすべてのFAカップ決勝戦についてコメントしました。1989年4月、モットソンはヒルズボロの悲劇が発生したときのリバプールとノッティンガムフォレスト間のFAカップ準決勝についてコメントしました。モットソンは自分自身が悲劇についてコメントしていることに気づきました